CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
blogpet
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

…!…!…

つ http://olivenet.to/cgi-bin/rchat/chat1.cgi?isarien
<< シャッス! | main |
はい、6年ぶりの更新です

いろいろ書いてみよう。


2年前の7月7日。僕は確かに働いていた。

今も働いていると言えばそうだけど、まるで状況は違う。

あの時の僕は何を思っていたか。簡単な話だ。

社会という名の海に地図もコンパスも持たず、どこかにある幻想郷へと希望を抱いて船を出した。海が荒れることも知らずに。


そうして海を行く内に、僕は気が付いた。平地から見えた輝かしい海は決して穏やかなだけじゃない、波は高く、水は冷たく、良くわからない強そうな魚もいっぱいいるという事に。

僕が船から投げ出され、再び陸へ戻るまでにそう時間は掛からなかった。


今ではラスベガスの一角で死がないギャンブラーだ。明日の生き死にさえ分からないのは2年前と変わらぬ。

自分で舵取りも出来なかった僕は家事が出来ないのに家政婦見習いい。隙を見て行った鉄火場で火事に追われる日々。


そんなこんなでここまで生きてきたけれど、どうにもこの生活にもリミットがあるようだ。

もうそろそろ潮時のようでさぁ。


人生楽しんだからもう良いかなとか考えている次第でございます。

見ている人も居ないこの場所で、最期の最後にちょっとだけ。


7月7日。

空に願いを打ち上げる日でございます。

せめて一夜だけでも、華々しく咲き誇ってみたいもんです。


懐かしい場所の懐かしいモノを見たので書き殴ってみた次第。

俺の居場所じゃなかった、懐かしいあの場所のことを思い出しながら。


それでは小夜ぅ奈良。

| 日記 | 00:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:48 | - | - | pookmark |









http://isari-bb.jugem.jp/trackback/387